計測器の校正業務

信頼性の確保・品質の保証は
時代の要求です。

製品の品質を保証するためには、測定・検査に使用している計測器の測定値が正しい値を示すことを確認しなければなりません。
そのためには国家標準に結びついている(トレーサビリティが取れている)標準器を用いてその計測器を校正する必要があります。
定期的に校正された計測器を使用することで、製造された製品が求められる品質を常に満たしていることを保証することができます。

計測器の校正とは

製品の性能を確認するために物理量を測定する作業がありますが、測定に使用する計測器を定期的に校正して精度を管理しなければ製品の性能・品質は確保できません。

計測器の精度管理が充分になされていないと、性能を満足していない製品が出荷されるなど、お客様に多大な迷惑をおかけすることになります。それによってメーカーとしての信用をなくし、今後の営業活動に計りしれない損失を被ることにもなりかねません。

このようなことがないように、計測器は定期的に精度や性能を確認し、規格値あるいは目標値に対してどのような状態にあるのかを確かめてから使用しなければなりません。
また、校正のための設備は、さらに精度の高い計測器によって校正され保証されていなければなりません。これらの計測器は、最終的に国家標準に準拠している必要があります。

製品のトレーサビリティを保証するためには
計測器の校正が必要です。

説明図;トレーサビリティが保証されている1. 貴社の計測器の精度が、規格を満たしていることを証明 2. 当該期間に製造され、計測器によって検査された貴社の製品が、品質水準を満たしていることを間接的に証明

これを、貴社の「トレーサビリティが保証されている」と言います。したがって、貴社の製品の品質や精度保証は「校正」によってのみ立証されます。

校正の実施が可能な機種について

写真:写真:

当社ではISO9000シリーズの品質マネジメント規格で義務づけられているトレーサビリティについて保証する体制を構築しております。
メーカーを問わず、国内・海外の計測器のほとんどの校正をお引き受けいたします。下記以外の計測器の校正についてもご相談ください。

校正対応
計測器
電気計測器
デジタルマルチメータ/電力計/LCR メータ/オシロスコープ/
スペクトラムアナライザ/オーディオアナライザ/標準信号発生器
温度計測器
熱電対型温度計/測温抵抗体温度計
機械計測器
ノギス/マイクロメータ/ねじプラグゲージ
力学計測器
トルクドライバ・メータ/引張試験機/電子天秤/硬度計
安全性・サージ試験器
耐圧試験器/絶縁試験器/低抵抗試験器/雷サージ試験器/
静電気試験器/トランジェント/ バースト試験器

計測器の校正料金については
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

柔軟に対応いたします。

引取り校正や出張校正はもちろん、製造現場などに設置された計測器のオンサイト校正にも対応いたします。試験内容や判定基準もご相談に応じます。

ASEAN域内の校正も行います。

ベトナムの事業所を拠点にカンボジア、インドネシアなどASEAN諸国の校正も行っています。現地法人の計測器の校正でお困りの際はご相談ください。

装置の性能試験などにも幅広く対応しています。

計測器の校正にとどまらず、機器の性能試験、さらには半導体検査装置を含む各種検査装置の開発、カスタム計測器の開発、技術者の派遣も行っています。

認定登録・許認可

認定マーク

国際MRA対応JCSS認定事業者(JCSS0278)
一般計量士も在籍しています。
品質マネジメントシステム (ISO9001)
一般労働者派遣業(派27-302002)

当社は認定基準として ISO/IEC 17025 (JIS Q 17025) を用い、認定スキーム ISO/IEC 17011 に従って運営されている JCSS によって認定されています。
JCSS を運営している認定機関 (IAJapan) は、アジア太平洋試験所認定協力機構 (APLAC) および国際試験所認定協力機構 (ILAC) の相互承認に署名しています。当社計測標準室は国際 MRA 対応 JCSS 認定事業者です。JCSS 0278 は当社標準室の認定番号です。